ホーム > ビジネス > これができれば「プロデュース」は成功します。

これができれば「プロデュース」は成功します。

  • 投稿者: 斉藤 秀年
  • 2014年11月15日 01:57
  • ビジネス

unnamed (7)

 

たまに応援クリックしていただけると嬉しいです

↓ ↓ ↓

 

 

終身雇用制度が崩壊した現在の日本の社会は

「リストラ」は他人ごとではありません。

 

まさか自分がリストラされてしまうなどと

考える人は少ないのではないでしょうか。

 

しかし会社にとって必要のない人は、

残念ながらリストラになる危険性があります。

 

なぜかというと、

どんなに真面目に働き努力して頑張ったと

思っていても会社という組織はそれだけでは、

残念なことに絶対に認めてくれないからです。

 

つまり自分が会社にとって

必要な存在であるのか、ないのか。

 

この二つに一つで、

いとも簡単にリストラされてしまうのが今の日本の現実です。

 

しかも日本の社会というのは特に、

資格や特殊能力や専門技術など優れたスキルや

専門性がないといった場合は年齢が経つにつれ、

働きたくてもなかなか仕事が見つかりません。

 

そのため今の会社や組織で認められたい場合は、

自分を「プロデュース」する力が特に必要です。

 

プロデュースとはブランディング=差別化とは違い、

相手の望む事やどうしてほしいのかなどを意識して

察知し素早く対応ができることです。

 

これができれば「プロデュース」は成功します。

 

また、ブランディングも大切ですが他人よりも、

差別化ができていてもそれが必要だと思われなければ

当然全く意味のないものになってしまうため、

ブランディング=差別化よりも<自己プロデュースが大切です。

 

さらに大切な事はなにかといいますと、

相手目線になった場合「気を遣う」のではなく

「気を利かせる」という視点をもてるのかということ。

 

要は、「気が利く」ということです。

 

気を遣うとは、

よく見せようと行動しながら働く人で、

 

気を利かせるとうのは、

相手が喜ぶであろうことを

常に高いアンテナを立てている状態で

素早く察知し「ツボ」を押してあげられる状態です。

 

というわけで自分がリストラされてしまうかも

しれないと危機感を踏まえ、

そうならないよう日頃から少しでも

会社のために気を利かせて働くという

意識を持つことが自己プロデュースに繋がります。

 

苦手でうるさい上司や毎日腹ただしいこともあり

納得できないことも多々あると思いますが、

その会社で働きたいと心から思うのであれば、

それらをぐっと飲み込むこと。

 

それが会社員として仕事をするということと同時に

情熱と方向性をもっていることが、とても大切ではないでしょうか。

 

 

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

topjapan affi-net style!@ 7788  hide

 

 

 

●公式メルマガ●

http://topjapan7788.com/url/lnk/TOKYO/

 

unnamed (5)

 

[各種メディア]


♪ブログランキング参加中♪
いつも応援クリックありがとうございます!



■アメブロ■
http://topjapan7788.com/url/lnk/info/


■公式ブログ■
http://topjapan7788.com/url/lnk/japan/


■ツイッター■
http://topjapan7788.com/url/lnk/tw/

 

■facebook■
http://topjapan7788.com/url/lnk/fb/

 

■お問い合わせはこちら■
http://topjapan7788.com/url/lnk/form/
 

 


皆様の応援に応えられるよう日々精進してまいりますので

応援くださる方はポチッとクリックお願いします!(^^)!

現在 ?位

マーケティング・経営 ブログランキングへ

mac_mini

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://topjapan7788.com/wp-trackback.php?p=1015
トラックバックの送信元リスト
これができれば「プロデュース」は成功します。 - 斉藤 より

ホーム > ビジネス > これができれば「プロデュース」は成功します。

お問い合わせ
SNS
Hidetoshi Saito

RSS  
メタ情報

ページの上部に戻る